名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ ボレーを引いてしまう…
2013年05月30日 (木) | 編集 |
球出しなどの練習のときはいいのですが、いざ実戦となるとボレーで腕を引いてしまいます。
特にフォアボレー。

腕を引くというより、足が動かず上半身を先にターンさせてしまうのです。
フォアボレーなら右足、バックなら左足を動かして(あるいはその場で)重心を乗せるともうそれで必要なターンは出来ている。

それで準備完了なのに、この足が出ない。
腕を引く、と言うのなら以前からよく言われた『壁を背にしてボレーをする』なんて練習も効果があるでしょうが、足が出ないと言うのはどうしたらいいのでしょう。

よほど意識改革しないとダメな気がします。
どうしても足より手が先に反応してしまうのです。

まずは足(の裏)、膝、股関節…と下から反応していくように、と言われるのですが、ひょっとして『目⇒口(わぁ、とか、ぎゃーとか)⇒肩⇒手⇒腰…』と真逆に反応している…?
ストロークもボレーもまずは足から!ですね。
スポンサーサイト
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。