名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Moumou導師のテニス指南
2010年07月23日 (金) | 編集 |
◆ 試合初戦で自分のテニスができない

◆ 答え

今回は私自身の対処法をお話します。

初戦で力を出せない理由を探る為、自分の試合を分析してみると、良い試合運びをしているのは接戦の2、3ゲーム目、終盤より中盤、初戦より2回戦だと気付きました。

悪い試合運びの時は一球一球をプレーし、対戦相手を上手そうに感じたり、次のショットをエラーしそうなどと、悲惨な結果を予感して、ギクシャクとしたラリーをしています。

良い時はこのボールをどんな球質でどこに打つと今の最善かが瞬時に判断出来、打ち終えたらすぐ相手の配球を読み、次の対策を考えてと、流れるようなラリーが出来ています。

この様にプレーぶりや、精神状態に大きな違いがありました。

試合で練習どうりのプレーするには、考え方や心の在り方が大きいのなら、良い時のテニスを普通と思い記憶し、実行する事だと思いました。
普通のテニスをプレッシャーのかかった状況でする為に、日頃の練習で考えすぐ実行すると云う習慣を身に付け、沢山試合を経験しましょう。

私は緊張した状況になったら、まずファーストサーブ入れる、レシーブはサーバーの精神状態を考え、プレッシャーをかけれるようにポジションを変化させるように心掛けています。

試合で実力を出す為には自分だけの対処法を見つける事が大切ですが、参考になれば嬉しく思います。

まだまだ引き出しは沢山あるので、難問期待してます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。