名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ 漫画三昧
2010年08月01日 (日) | 編集 |
テニスも出来ず、外は暑く家でひたすら読書といいたいのですが、久しぶりに漫画三昧となっています。

離れて暮す息子が部屋が狭いからと、大量の漫画を押し付けてきて、我が家に収納したものの読み出すとこれが止まらない。

半ば以上は既に読んでいるので、今回読んだものは

『嘘食い』
:『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載中。ギャンブルを題材としている。コミックスは17巻まで刊行中。
これがデビュー作でだんだん絵が上手くなって読みやすくなっています。
漫画家もこうして一人前のプロになっていくんだね。
手元には途中までしかないので、息子よ、後も頼む。

『蒼天航路』
:こちらは既に完結している三国志もの。
いつもは敵役になってしまう曹操が主役になっているのが特徴です。
       
三国志を読んでいて、どうして曹操が覇者とならなかったのか残念に思うくらいなので、これは楽しい。
この漫画の曹操は、知略に富み、豪胆かつ思慮深く、冷酷残忍。
めちゃくちゃかっこいいではありませんか。

そして漫画家にはよくあるパターンですが彼も三国志のことはほとんど何も知らなかったらしい。
『覇-LORD-』の原作、武論尊もそうですよね。

小説家や漫画家って天才じゃないかと思います。
どうして何も知らないところから面白い話が作れるのか驚きです。
(知らない強みもありますが)
       
『蒼天航路』は文庫版で18巻もあり、読み終わる前に肉離れが治ってしまいそうです。

ちょっとコミックオタクな話でした。

ジンジン、お得意のポーズで昼寝。
SN3J0307.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
文庫本
和が家も奥方が読み終わったサスペンスものの文庫本の在庫が30冊ほどありますが、いるなら贈呈(笑)しますよ。

捨てるにもったいなので、保管してます。
2010/08/01(Sun) 14:02 | URL  | ストン狂 #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。