名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビリー・エリオット
2010年09月16日 (木) | 編集 |
テニス観戦の後は、ブロードウェイミュージカルの『ビリー・エリオット』鑑賞。慌しいです。
地下鉄でグランドセントラルステーションへ戻り、シャワーを浴びてブロードウェイへ。

昨夜確かめたはずのインペリアル劇場へ着くと、会場時間なのに入り口が閉まっていて閑散としてる。
え? まさかもう閉め切り?おろおろっとして近くにいた人に訊くと、入り口は通りの反対側だそう。
あー、びっくりした。なんのために下見にきたかわからないけど無事入れたからいいか。

あわてて通りの向こう側に行くと既に行列ができていた、入場を開始したところでした。
最初間違えたほうの通りは、劇が終わったあと、いっせいに開けられて観客を速やかに退場させる出口でした。

billyelliot.gif
 
ブロードウェイで何を見ようかと考えて、見て楽しめるもの、というわけで、ビリーが舞台狭しと踊りまくってくれる『ビリー・エリオット』にしました。

原作は映画の『ビリー・エリオット』(邦題「リトル・ダンサー」)で、映画の監督みずからミュージカルの演出を手がけ、音楽はエルトン・ジョンです。
2009年のトニー賞10冠の作品です。

ビリー役の少年は複数キャストで当夜はMichael Damenski君でした。
劇の主題は、自分の人生を見つける、そして踊る楽しさを伝えるということだと思いますが、その踊る楽しさが舞台中からあふれてきます。

まだ15歳ですが堂々たる舞台人。ダンスも歌も素晴らしい。
外国に行くとよくミュージカルを見るのですが、その中で一番のスタンディングオベーションを受けていたと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おお、映画のビリー・エリオット
○でしたね!

僕は、2年近くもNYにいたのに、ミュージカルは、3本ぐらいしか見ませんでした(反省)。
2010/09/16(Thu) 14:27 | URL  | halinfiji #-[ 編集]
to HALさん
住んでいるとなかなか行かないもんですよね。観客の半数以上は観光客ですよね、きっと。
2010/09/16(Thu) 15:39 | URL  | Jinjin #-[ 編集]
アメリカのミュージカルは日本のそれとは格段の差がありそうですね。一度観てみたいです。
2010/09/16(Thu) 21:34 | URL  | きょん #-[ 編集]
to きょん
決して、外国崇拝ではないんだけど、劇団○○を見るとやはりなんか違うなと思ってしまいます。何なの?この違いは。
2010/09/17(Fri) 07:51 | URL  | Jinjin #-[ 編集]
劇団○○のは、
舞台のプロがやってるんだし、ブロードウェイは、ゲストで大スターも出てるときがありますが、大半はミュージカルのプロ達がやってるんだから、違うはずです。
2010/09/18(Sat) 19:18 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
to HALさん
それに、やはり持って生まれた手足の長さとかが…。
2010/09/18(Sat) 22:03 | URL  | Jinjin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。