名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Moumou導師のテニス指南
2010年09月16日 (木) | 編集 |
◆ フォアサイドとバックサイド あなたはどちらのタイプ?

フォアサイドはボールを作るコツコツタイプのストローカー、バックサイドは決め球を打つパワータイプのボレーヤー、よく聞くサイド決定案ですね!

本当にこれで決めて良いのでしょうか?
当然疑問符ですよね。
私自身はパワーでもボレヤーでもないストローカータイプですが、バックサイドです。
私にとってのサイドの概念はフォアはゲームポイントが回って来る率が低く、バックは厳しい局面でのプレーが多いと考えています。

ちょっと自慢させて頂くと自分は厳しいポイントで普通のプレーが出来ると思っているのでバックサイドです。
ゲームを決める大事なポイントが多いと言う事は、図太い人、決断力のある人、無謀なプレーをする人が力を出しやすいのでお勧めです。

技術面の特徴はフォアサイドはフォアの順クロスとバックの逆クロスを多用しますが技術的に難しく、甘いボールをクロスに返球すると相手前衛のポーチがフォアボレーなので決定打になりやすい。
そこでショートクロスとストレートロブを効果的に使うと有効です。

バックサイドはフォアの逆クロスとバックの順クロスを多用しますが、技術的には易しく、ポーチにかかってもバックボレーなので守りやすい。
ストレートロブは相手のフォアになるのでチャンスになりにくいので、たまに回り込んでのストレート を強打してみるのも有効です。

どちらのサイドも慣れる事で技術の難易度は変わるので、嫌わずに両サイドとも練習しましょう。

色々な条件をペアと話し合ってサイドを決定するのですが、慣れる事を条件に、サイドを固定せずプレーする柔軟さを持てれば最高です。
私は競ったゲームの終盤で技術的に上手く打てなくてもゲームが取れるサイドがそのペアの最適なサイドだと考えます。

参考になりましたか?色々実験して、戦略とか又相談して下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。