名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ よだれ焼け考
2010年11月13日 (土) | 編集 |
犬のよだれ焼けとは、よだれで口の周りの毛が赤茶けた色に変わってしまうことです。
じょじょに、ではなくあっという間に口の周りの毛色がが赤茶色に染めたようになってしまいます。

色が変わるのは早いのですが、一度、色がついてしまうと白く戻ることはまずありませんので、生え変わったり伸びてカットするまで手の施しようがありません(たぶん)。

よだれ焼けの症状はよだれによる口周り、涙による涙やけ、足裏の汗腺による指間の毛の変色などにあらわれます。

涙目の治療法としては
人間用の目の洗浄薬「アイボン」が効く、
また薬局からホウ酸を買ってきて「ホウ酸水」を作る
等の方法もあるようです。

さてその原因ですが、
やはり「食べ物」が最大の原因だと思います。

ジンジンも夏前に、見事によだれ焼けになってしまい白い毛がはえてくるまで少々みっともない状態だったのですが、原因は一袋あたえた固い「砂肝」のおやつだと思います。
その中の合成保存料が原因だと思います。

肉類の主食、おやつにはどうしても保存料が不可避で、市販品の中にはよだれ焼けを誘発する保存料を使っている商品もあるわけです。
そこで「手つくりご飯」が推奨されるんですね。

「手作り」じゃないとダメな犬もいれば、きちんと作られたドッグフードなら大丈夫な犬もいます。
犬も人と同じで、添加物に強い犬もいれば弱い犬もいます。

ジンジンの場合は、小さい頃からずっと同じメーカーのドッグフードを食べていて、それについては全く問題がないと思います(ドッグフードが原因です、と言われたこともあったのですが)。

拾われてきた実家のシーズーは、最初ドッグフードを全く受け付けず、手作り、しかも肉類しか食べなかったので、ささみたっぷりをおかゆに混ぜて与えていました。

でも肉の与えすぎじゃないかと、いくつかドッグフードを選んで慣れさせて食べさせるようにしたところ、徐々に口の周りが白くなり、「えー、おまえは口の周りが白い犬だったの!?」

要は、合成保存料はよくない。
特に○国産は注意したほうがいい。

ジャーキーなどは注意(アレルギーになる犬もあり)。
栄養の偏りもよくない。

犬により、個体差がある。
口の周りが茶色の犬はいいなあ、と思うけど、体に悪いものを食べさせてもわかりにくいことを思えばどっちもどっちかな。

先日美容院に行きすっかり白い毛だけに覆われた、きれいなジンジンを見て!
と思っていたのですが、が~ん!

口の周りがすっかり刈り込まれてしまいました。
顔は同じ長さでと言ったのに~。

口の周りが茶色になっている。生え際のほうはもう真っ白。
今度カットすればきれいになるね~と思っていたら
SN3J0351.jpg

わお、これじゃスタンプー(スタンダードプードル)じゃありませんか!
また伸びてくるからいいんですけど…。
SN3J0358.jpg



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ふーみゅ、ジンジンを飼うのは
楽じゃないですね・・・僕なら、とても根気が・・・(汗)
2010/11/13(Sat) 13:53 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
to HALさん
白い犬はとても目立つのです。
洗ってもすぐ薄汚れてくるし…。
2010/11/15(Mon) 18:39 | URL  | Jinjin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。