名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ LED電球と電球型蛍光灯
2011年01月13日 (木) | 編集 |
恥ずかしながらどうも2つがはっきり区別できていないところがあって。
するとグッドタイミングに新聞に解説が載っていました。

・電球型蛍光灯は30年前から発売。蛍光灯を電球型にしたもので水銀蒸気を含む。
寿命1万時間を超える製品もある。

・【Light Emitting Diode】LED電球は1昨年より発売。寿命4万時間で電気代は白熱電球と比べて約8割削減される。
水銀を含まないのも長所。
点灯後すぐに明るくなり光自体は熱を伴わない。

国が2012年までに白熱電球の生産、販売を終了するようメーカーに求めているそうです。

さて、我が家の回転翼付き照明です。
すごすごと今度はレトロに白熱電球を買ってきました。

すると、やはり光のちらつきがないのです。
この照明は調光装置はついていないので何故あれほど光がちらつくのか不思議です。

LED電球ならOKだったのかなと思ったのですが、もうチャレンジはやめておきました。
電球型蛍光灯よりさらに値段が高いので失敗したら大損害ですもんね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
へえ、白熱電球の生産、販売が終了
するとは、知らなかったです。
2011/01/14(Fri) 12:55 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
to HALさん
東芝はもう生産ストップしましたよね。
2011/01/14(Fri) 17:57 | URL  | Jinjin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。