名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ ジンジン アジリティーに挑戦!
2011年01月24日 (月) | 編集 |
昨年12月に行ったアジリティーの2回目。
とはいえ、間が開きすぎたので初めてみたいなもの。

まずはおなじみジャンプ。
地面に置いたバーを「ホップ!」の掛け声とともにジャンプします。
「ジャンプ」と言うのかと思ったらよく使われるのは「ホップ」とのことでした。

もちろんその人により何と言ってもかまいません。
「跳べ」「ジャンプ」などね。

さて「ホップ」の掛け声で、地面に置いたバーとはいえ、ピョン!と跳んだほうがいいのかなと思っていたら、『こんなもん』って感じでヒョイとまたぐほうがいいのだそうです。

バーに対して必要以上に跳ぶのは怖がっている証拠だそうで。
そんなもんなんでしょうか。

バーも少し上がりましたが、まだまだ跳ぶなんてものではなく、大きなジンジンにとっては「避けて歩く」程度。
アジリティーも当分は、障害をクリアすることより、いかに飼い主の指示に従うかが大切で、練習中に楽しそうなほうに行っちゃったり、遊びだしたりしないようにするのが肝要なのです。

ジンジンにはとっても難しそう。
しつけクラスにも行ったほうがいいですよ~、と言われています。

私の指示には従うのですが、遊びの誘惑にはめちゃくちゃ弱いジンジン。
アジリティー教室にはたくさんのワンちゃんがいますからね。

嬉しくてテンションMAXになるともう世界が見えない。
私の声なんぞ聞こえてないんだろうな…。

華麗なジンジンの跳躍を紹介するのはまだまだ先になりそうです。

山の上のドッグスクール
SN3J0385.jpg

顔の毛も少し伸びてきました
SN3J0384.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。