名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ 旧伊藤伝右衛門邸
2011年08月09日 (火) | 編集 |
暑い中、友達がうちまで遊びに来てくれ、二人であちこちドライブして来ました。
おなじみの筑後川温泉でラドン温泉につかり田主丸の巨峰ワイナリーを訪れたり

そして今回初めて行ったのが飯塚の旧伊藤伝右衛門邸と嘉穂劇場です。
伊藤伝右衛門の名前はともかくその妻であった柳原白蓮(子)は全国的に有名かと思いますが、この頃はあまり名前を聞くこともないかもしれません。

彼女は大正・昭和期の歌人であり大正天皇の従兄弟にもあたる華族令嬢(伯爵)ですが、それよりも夫の伊藤伝右衛門に公開離縁状をたたきつけて愛人の宮崎龍介のもとに走ったという当時とすれば大スキャンダルで有名です。
いくらなんでも、公開(新聞に寄稿)することはないんじゃない?と思ったものですが、当時は姦通罪があり、それを避ける為の手段だったのかもしれません。

彼女自身も大スキャンダルの当事者となりましたが、周りの人達もかなりの面白さです。
まず柳原白蓮(子)の母親は柳原伯爵家の正妻ではなく芸者あがりのお妾さんなのですが、維新で没落した武家の子女で、その父親・新見正興はなんと『日米修好通商条約批准書交換使節正使』つまり幕末に太平洋を渡った咸臨丸の使節団長なのです。

下級武士だけでなくかなりの地位のあった幕臣でも娘が芸者になったりしていたんですね。
しかも、団長さんであった父親は超美男子だった!そうで、さぞや娘も美貌の芸者だったことでしょう。

美貌の芸者が伯爵のお妾さんとなり、その美貌を受け継いだ娘も大正三美人と言われて筑豊の炭鉱王の目に留まる。
わかりやすい。

駆け落ちした宮崎龍介の父親は革命家孫文の盟友として有名な宮崎滔天(とうてん)です。
彼は浪曲師 桃中軒 牛右衛門として活動していた時期もあり(師匠はあの桃中軒 雲右衛門)博多で興行したおりに祝儀を弾んでくれたのが伊藤伝右衛門だったそうです。
自分の祝儀が後年の恋敵の生活のタシになろうとは思わなかっただろうな。

伊藤家では最上等の待遇で彼女を迎え、『彼女しか立ち入れない二階の高貴な部屋(伝右門も入れない!)』『九州初の水洗トイレ』『毎日門司まで買いに行くパン』と至れり尽くせり。
好きなことさせてくれるし、彼とは別府の別荘で会えばいいし、そのまま贅沢暮しをしていてもよかったんじゃない?と私なら思う!

金で娘を売り駆け落ち後は見向きもしない実家の伯爵家に比べると、赤っ恥をかかされた伝右衛門さんなのに、姦通罪で訴えることもせず生活に逼迫している彼らを援助したりと男らしい。
そして莫大な資金を地元のために遣ったり寄付したりしています。

いい男じゃないか。
まあ、そこら中お妾さんがいたようですが。

この二階が子しか入れない禁断の部屋(京都から連れてきた侍女だけが身の回りの世話で入れた)
110806_1253~01
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ぷぷぷ、何だか歴史的な建物なんですね・・・
絶世の美女ってやっぱりヤバイですよね。
2011/08/09(Tue) 16:43 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
to HALさん
戦死した息子の香織さんの写真を記念館で初めて見ましたが、これまたハンサムで…。
2011/08/09(Tue) 17:40 | URL  | Jinjin #-[ 編集]
美女
絶世の美女というか、当時流行りの
竹久夢二の絵に出てくる典型的な女性の顔でした。
大正美人というところかな。

でも、ジンジンの方が美人だよ~美人美犬!
2011/08/10(Wed) 01:31 | URL  | きょん #-[ 編集]
to きょん
大きい画素で撮った写真は…使えね~~~でしたe-263
2011/08/10(Wed) 18:09 | URL  | Jinjin #-[ 編集]
写真
え?やっぱぶれたかな。ごめん。
2011/08/10(Wed) 23:46 | URL  | きょん #-[ 編集]
to きょん
ぶれずにはっきりと写っていました!!
細かいところもはっきりとねe-263
2011/08/11(Thu) 14:33 | URL  | Jinjin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。