名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ バックのストレートロブ
2011年12月01日 (木) | 編集 |
バックのストレートロブの練習をしました。
フォアサイドプレーヤーが相手前衛の頭を越えてストレートにロブを上げる、といういたって単純、しかし女子ダブルスにとってはきわめて効果的な作戦に対抗するためです。

フォアサイドから走らされてバックハンドで返すストレートロブは難しく短くなって前に出てきた相手のスマッシュの餌食になりがちです。
…と思って練習していたら、そこに「バックでストレートロブをあげる練習するくらいなら、回り込んでフォアで返すべきだ(回り込めないんだって)。難しいストレートじゃなくて距離の長いクロスにロブを上げるべきだ(え?)」と言う人が現れて……。

言いたいことはわかるのですが、でもロブはストレートが基本ですよね(ね?コーチ)
じゃないと自分の前衛がディフェンスできない、と思うのですが。

回答は後日。
時間は携帯で見る時代ですが私はテニスも腕時計をしてやるほど腕時計派です。
しかしジンジン(犬)がやってきてからガリッとやられることがありお気に入りの時計をすることができず、傷がついてもいいやつ、頑丈なやつ、と思い普段は『Baby G』を愛用しています。

それにはライトも含めボタンが4つもあり、先日いじっていたら0時ごとにピピッと時報がなるようになりました。
これがわずらわしく、また映画館などで鳴られては困るのでoffにしたいけど、取り扱い説明書がどこかへ行ってしまった(あるハズだけど探す気無し)。

こんなときはネットでカシオのサイトを検索し時計裏の機種番号で調べれば一発で取り説が見られます。
便利な時代になったなあと昭和人はつくづく感謝です。

offにするには「CボタンでアラームモードにしてAボタンを押し……」
これからうかつにボタンをいじらないようにします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
バックに走ってのストレートロブ
方向よりも、相手前衛を超えて簡単にスマッシュの餌食にならない方が大切な気もしますが(スライスでもトップスピンでも)。スマッシュ大好きな若手男子には通用しないでしょうが、同レベルならジャンピング・スマッシュが簡単に決まると思えないし。

そう、そう、僕もG-Shockの操作説明書探さないと。久々に、G-Shockに戻したので、操作を忘れました(汗)。
2011/12/02(Fri) 07:30 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
to HALさん
男子なら上げさせたもん勝ちですが、それでも前がかりになったところへポーンと上げられると結構きついですよね。
2011/12/02(Fri) 15:41 | URL  | Jinjin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。