名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ 『ジェノサイド』
2012年01月15日 (日) | 編集 |
明日から全豪テニスが始まると言うのに、テニスの話題を書かなくていいんでしょうか…。
いいんです!

ということで話題の小説『ジェノサイド』を読みました。
「このミステリーがすごい!2012年版」「週刊文春ミステリーベスト10」堂々のナンバー1です。

ホワイトハウス、バグダッドで話が始まり、アフリカそして日本と世界を舞台に多くの人物が物語を紡いでいきます。
それぞれの境遇、問題に翻弄されながら、目の前に突きつけられた使命を果たして行く…。

彼らが直面する『ジェノサイド』とは…。
面白いです。
場所を取るので単行本は買いたくないのだけどこれは買って損はしないエンターテイメント小説です。

面白くて早く読んでしまいたいのだけど残り少なくなると、終わってしまうのが寂しくなります。
でも、これは字も小さくて600ページ近くあるのが嬉しい。

それでも2日足らずで(ジンジンをあしらいながら)読んでしまいましたが。
もっと長く楽しみたいけど残念。

世界をまたにかけた感がフレデリック・フォーサイスに似ています。
民間の傭兵たちのサバイバルはA・J・クイネルっぽかったり。

そして日本人作家なので日本の状況や人物が嘘っぽくない。
(しかし傭兵の一人日本人ミックの造形は何なんだろう?)

そして主題が!
そうか、こういうテーマもあったのかの新鮮さです。

遺伝子、薬学、コンピュター、哲学、兵器と様々な専門分野があふれ出てきて、書くの大変だっただろうなと感心します。
それらをおいしいところだけつまみ食いして読んでいくのは楽しい作業で至福の2日間でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
へえ、ジンジンさん、こういう系統も
読むんですね。無事に南国に帰りつきました。やたら蒸し暑いですが、指のアカギレは治まりそうです。
2012/01/16(Mon) 08:10 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
to HALさん
こういう(ミステリー・アクション系)の好きなジャンルです。
2012/01/18(Wed) 00:17 | URL  | Jinjin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。