名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Moumouのテニス指南1
2010年02月12日 (金) | 編集 |
JUNJUN君、君の感じている事、私も同感です。
確かにフォアサイドからのネットラッシュはバックサイドより難しいですが、練習してスキルアップを図りましょう。

そこで練習方法ですが、まずフォアサイドからのネットラッシュは、サービス、リターンにかかわらず回数を減らします。
何故?と思いましたか?
でもまずやってみましょう。
例えば1ゲームに1ポイントだけ出ると決めます。
回数を減らして、たまに出ると、どうなるか感じて下さい。
暫くやり続けましょう。
そして良い感触を得たら、上手になったら、出る回数を増やしてみましょう。

ここで大切なポイントは、回数が増えると、難しさもアップするという事です。
くれぐれも勝っているから、負けているからで回数を決めないで下さい。

次は実際にプレーする場合についてです。
普通クロスに打って出ますが、 時にはストレートにロブを上げて出るのも、良い手です。試してみてください。JINJIN君、もし対戦相手が、フォアサイドから出て来たら、そうもう分かりますね,やってみましょう。
でもあくまで、クロスが基本です。
簡単なロブばかり上げていたら華麗なJINJIN君とは言えません。
簡単な手で勝てる相手はレベルが低いです。
強い相手と戦えるように、武器を増やしていきましょう。

鋭いパス、テイクバックで反動をつかってますか?
明日からのテニスが楽しみですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。