名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ 背筋を伸ばすって?
2013年04月26日 (金) | 編集 |
ストローク、ボレー、スマッシュ いずれのショットもこの頃言われるのは『前傾しない、頭を上げて』です。
すると、あーら不思議、ストロークがネットにかからない。
あごを上げるように背筋をおこします(実際には上がってないのですが)。

スマッシュも膝を曲げ背をそらすように姿勢を保つとネットしない。
ストロークも上体をしっかり起こしておくと腰も回りやすい。

上体を起こすって魔法の言葉だわ、と思ったりもするのですが、う~ん、これと『骨盤前傾論』(論というのもヘンですが)とは矛盾しないんだろうか。
骨盤前傾とは、パワーポジションなどで見られる背筋はまっすぐだけど上体は前傾、みたいな状態です

(『パワーポジション』とは、軽く膝が曲がり、腰が落ち(骨盤は起こす)、背筋がまっすぐで上体は前傾でリラックスた状態。パワーポジションを取ることで360度どの方向でも素早く動き出すことができる)
地面の球を打つゴルフは当然ながら、野球でもバッターは膝を曲げ腰を前傾させて打ってますよね。

上体を起こす、前傾させないと言いつつ、実際には骨盤は(へその裏あたりの脊髄でナチュラルに前傾しているのだろうな、と解釈したりしていますが…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今日はヒドイ二日酔いで頭が回らない
ので、良く分かりませんが、野球のバッターでも前傾が殆どない人もいますよね。それに、前傾しているピッチャーなんて見た事ない。旋回運動の入るストロークやサーブやスマッシュやボレーの時と、ボールを追うときのベストの姿勢ってちゃうのかもしれませんね。
2013/04/27(Sat) 05:34 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
to HALさん
前傾しても頭はまっすぐとか、いろいろあるんでしょうね。
2013/04/27(Sat) 10:49 | URL  | テニスメイト #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。