名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ コンフェデ杯
2013年06月20日 (木) | 編集 |
今朝は5時起き。
ジンジンの散歩を早く済ませ余裕でサッカー観戦するぞ~、と思ったものの外は雨でした。散歩中止。

テレビをつけるとまだ前の試合のブラジルvsメキシコ戦が行われていて、今日もまた強いブラジルが見られました。
今月に入ってブラジル好調です。
ネイマールも期待して見ていると肩すかしを食らうような試合が多かったのに、この大会はネイマールのための大会となりそうな勢いです。
本番のW杯まであと1年。こんなに早く調子を合わせていいのかなと思うくらいです。

さていよいよ日本vsイタリア開始。
なんてかっこいいんだ日本代表、というくらいのできの良さでした。

本田,香川と得点して2:0になったときは『え~、ちょっと今日はイタリアに買っちゃうんじゃないの?』な気分になったところで1点返されあとは…。
イタリア相手に3:4とよく頑張ったと思いたいけど、いやもうそう思っちゃいけません。

日本には十分勝つ実力があると思う(思わなくてどうする)。
今日は勝たなきゃいけない試合でした。

ああ~、悔しい。
まあ、正直言うとちょっと前まで、アジアのなかでも勝てなくてw杯に出るなんて夢のまた夢だったんですから大した出世ですけどね。

さあ最後のメキシコ戦、勝って終わろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そう、そう、「ドーハの悲劇」の頃は
所詮、WCに出れるかどうか、かつかつの実力しかなかったのが、今は、常連で、伊相手にコレだけの試合が出来るんですからね。
2013/06/20(Thu) 22:07 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
to HALさん
日本人って横っ面をはたかれないと勇気+闘争心100%にならないんだなあと思います。
ブラジル戦とはまるで別人ですもんね。 
2013/06/21(Fri) 11:10 | URL  | テニスメイト #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。