名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ 寒くなりました
2013年10月30日 (水) | 編集 |
一昨日あたりから朝夕さむくなりました。
冬物を出したりヒーターを出したりあわてて冬支度です。

さすがに炬燵はまだかな。
秋物を着る機会がほとんどありませんでした。

外出ももう冬服ですね。
ジンジンの季節到来です。

夏に短くした毛が長くなり今ちょうどいいモコモコ具合。
冬前にもう一度切らなきゃいけないかな。
131030_1206~02

自分のテニスでわかってみれば当たり前な疑問が解けました。
説明っぽくなるのでお暇な方だけどーぞ
私はバックハンドは両手打ちで、こちらはラケットを引いて構えるのが早いのです。
ボールがバウンドした時にはすでに準備完了。

それに比べるとフォアハンドはラケットの引きが遅く、ボールのバウンドに合わせて引いていました。
もっと早く引こうと思っても、それが癖になっているのかなかなかタイミングよく早く引けないのです。

それがなぜなのか自分でもわからなかったのですが、その理由は
…… それまでの打ち方だとそれで間に合っていたから。

バックスタンドストロークはしっかり体が回転するので速く引かなければ間に合わないのです。
でもフォアハンドストロークは、しっかり体を回さず身体の移動とラケット面を下から上へ振ってスピンをかける打ち方だったのでそれほど速くラケットを引く必要がなかったのです。

自分ではそこそこ体を回していたつもりだったんですけどね。
かなり長い時間かかってフォアも右肩が出る回転系で打てるようになったのですが、これはラケットの引きが遅いとうまく打てないのです。

それでやっとバックと同じタイミングで早くラケットを引くようになりました。
差し込まれたりして早く引けなかったときは無理して回転させようとせず、縦のスピンでとりあえず返せばいいのです。

試合中はなかなかしっかり体を回せなかったりするのですが、まずは早くラケットを引いて構えられるようにしなくては!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
それは凄いや
僕は、バックは、ダブルなので、同じ様な状態ですが、フォアは、回転で打ってないですね。だから、弛いボールが超苦手です。
2013/10/30(Wed) 20:30 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
to HALさん
フォアはまだ常に意識していないと早く引けません。
引くというより体をクイッと回せばいいんですけどね。
まだまだです。
2013/10/31(Thu) 13:17 | URL  | to HALさん #-[ 編集]
プロと比べるのは間違いかもしれませんが
この前、スイスのワウリンカの試合をテレビで見ましたが、テークバックは、思ったより早くないですね。あのレベルだと、全身のリズムで打っているので、相手の打った球に合わせて本能的に変えるんでしょうが。
2013/11/03(Sun) 08:22 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
バックは頑張って早く引いてるつもりはないんですが、フォアはかなり意識しないと早く引けません。
そして早く引かないと回転系で打てないんですよね。
2013/11/03(Sun) 11:11 | URL  | to HALさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。