名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ 副脾って?
2013年12月04日 (水) | 編集 |
先月の人間ドックの血液検査でALP値が以上に高く再検査になり、総合病院へ行ってきました。
すると高かったALP値はあれ?ってくらいに急下降していましたがそれでも上限をわずかに上回っていたので血液を精密検査に出すことになりましたが、この大きな病院でもその検査は外注となり結果は月末のお楽しみ…になりました。

しかし同時に行ったエコーで左右腎臓付近に不審な影が!!
またまた再検査で今度は造影剤を点滴しながらのCTとなりました。

あの体を輪切りに映していくものです。
すると腫瘍は『副脾』だとのこと。

もう一つの『何か』は画像上の影で、さらにもう一つは小さすぎてわからん!ということでした。
『副脾』なんて臓器があるのを知らなかったのですがこれは

健常人の10~20%の人が持っているとされ、多くは脾臓のすぐ近くにあって1~2センチ大の球形をしている。小さい脾臓がもう一つあると思ってもらえばいい。もちろん悪性のものではない。
先天性らしいです。

そうなんだ、私には脾臓が二つあったんだ。
今まで人間ドックで何度も腹部エコーをしてきたのに気づかないってどういうこと?

二つあっても別に何のメリットもなさそうですが。
さて、あとはALP値の結果待ちです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
問題はなさそうですね。
僕も、郷里に帰ったら又人間ドックへ行かなくちゃ。
2013/12/05(Thu) 07:59 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
to HALさん
エコーは技術差がありますから、優れた技術者にあたればラッキーですよね。
2013/12/06(Fri) 11:01 | URL  | テニスメイト #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。