名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ 足が先!ですよね?
2013年12月11日 (水) | 編集 |
月例会のダブルスがありました。
努力家のペアとの息もあってきてまあまあ結果がでるようになりました。

ハードヒッターであれロブやスライス使いの技巧派であれ普通に(?)上手い相手にはそこそこ対応できるのですが、『あのフォームでこっちに来るわけ?』とか思い切り振ってるのに超スローだったりとかなんだかわけのわからない下手ウマタイプの人に弱いのです。
1,2位トーナメントに進んだもののそんなペアに当たりコロッと負けてしまいました…トホホ。

さて、その日不出来だったのはハイボレーしかもチャンボール的なハイボレーを大きくアウトしてしまったことです。
これは打とうとするとき、先に右手をあげラケットを高く構えてしまい、その後に右足を踏み出すので、前においているつもりのラケットが、あーら不思議、いつのまにか頭の後ろにいってしまう現象だろうと思います。

本人は引いているつもりがないのに自然になってしまうので余計に難しい。
上手い人はあれこれ考えなくても右足が伸びてから(あるいは踏み出しと同時に)ラケットがさっと右上にセットされるんだと思います。

浮いたチャンボールを前に詰めてたたこうとするときに『ラケットは前に!引いちゃダメ 』とわかっているつもりなのですが数歩前に詰めるだけでもう無意識にラケットが後ろにいってるんでしょうね。
ま、原因がわかっただけでもいいとしよう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
よくある失敗ですね
特に疲れてくると良くやりそうです。余裕のあるゲームや、未だ疲れてない時は、そういう相棒の失敗も、どうってことないですが、競ってきて、しかも、疲れていると、ガックリしますよね。
2013/12/11(Wed) 18:21 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
to HALさん
運動神経のいい人は無意識に合理的な技術が身についているんだろうなと羨ましく思うのですが、頭で理解しないと体も動かないタイプなのでボツボツ改良していきます。
2013/12/14(Sat) 09:41 | URL  | テニスメイト #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。