名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ フォアサイドのリターンで
2014年02月08日 (土) | 編集 |
対戦相手の前衛の動きが気になってフォアサイドのクロスリターンが苦手だと思っているあなた。
…って、私のことかいな。

はい、そんなお悩みの方へMoumouコーチよりアドバイスが来ました!

=====
自信がない時だけ、パートナーにお願いしてべスラインまで下がってポーチケアをしてもらったらそうでしょうか。
上手にリターンが返るようになったらポジションをサービスラインに戻すことを考えておきましょう。

これは大切なことです。
ポーチ好きな相手にはストレートにレシーブするのも良い手です。

勇気を奮ってボレーされても良いぐらいの気持ちで打ってみたらいかがですか。
この時あらかじめ、パートナーにその旨を伝え、センターケアをお願いし自分の方に返球されたら、次はストレートロブを打つなどと決めておくと良い結果が得られるはずです。

サービスリターンでは軸足に体重を乗せ、前足を踏み出しながら打つのが良いテクニックだと思います。
また、ポジションは相手のサービスのコース、スピード、回転等を予測し、変化を柔軟に受けそしてなるべくボールを落とさず高い位置でヒットできる所を探します。

相手の素晴らしいサービス、高く弾むスピンサーブは無理に打たずロブで返球するのがおすすめです。
あくまでこれは相手のサービスが良すぎる時で、ロブばかり上げていると気持ちが消極的になるので少なめにした方が良いでしょう(ロブ好きの方はこの限りではありません)。

試合では技術だけではなく、ゲームに大きく作用する精神が非常に大切なので常に気持ちが積極的になるようなプレーを心掛けその状況を楽しむことができれば自ずから良い結果がでてくると思います。

by Moumou

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
相手のサービスの良し悪しで大分違うと思いますが、
相手のサーバーの相棒がポーチ大好きという人なら、雁行陣に拘らないのも手でしょうね。関係ないかもしれなけど、四大大会のダブルスとか、レシーブ側は、雁行陣じゃなくて、二人ともベースラインまで下がるペアが結構いますよね。
2014/02/08(Sat) 18:13 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
プロはサ-ブ力が半端ないでしょうしね。
2014/02/08(Sat) 20:38 | URL  | ジーン #-[ 編集]
プロはレシーブ力も凄いから・・・
以前、全豪の男ダブを見てて、皆、身体能力が高すぎて、全然参考にならないと思いました。そう言えば、ブライアンズ兄弟も相手によってレシーブの時の位置が違いますよね。女ダブは、割と参考なると思いましたが、古い話ですが、ヒンギスのボレーとか凄いなぁと思いました。
2014/02/09(Sun) 10:36 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
to HALさん
女ダブは男性にも参考になるとはよく聞きますね。
男子はもう違うゲームみたいです。
2014/02/09(Sun) 15:11 | URL  | ジーン #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。