名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ 悲劇を通り越して…
2014年07月09日 (水) | 編集 |
第4回W杯でブラジルがウルグアイ相手に敗れ優勝を逃した『マラカナンの悲劇』に続く『ベオロオりゾンテの悲劇』かと思いましたが、それでは留まらず『ベロオリゾンテの惨劇』となってしまいました。
最後はブラジルサポーターがゴール前のドイツの鮮やかなパス回しに「オーレ」と声援するもう笑うしかない『喜劇』になってしまったかも…。

ネイマール、チアゴシウバがいてもドイツ有利だと思っていたので、敗戦はある程度予想できましたが、1-7の歴史的大敗になるとは驚きです。
0-2となったときに、「0-2で終わればいいけど、下手したら0-4くらいになっちゃうよ」と言いながら見ていましたがやはり大差がついてしまいました。

もちろんいろいろ原因はありますが、でも『これがサッカー、サッカーってこうしたもの』と言う感じです。
この大敗を受けて、ネイマールに膝蹴りをしたコロンビアのスニガはボールと関係なくぶつかって全く悪質ですがこの先無事に暮せるだろうかと気になります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かに、50年経っても
忘れられないであろう、不名誉な記録になりましたね。まあ、栄光だけじゃなくて、凄惨な記録があるのが、流石のブラジルなのかもしれませんが。
2014/07/10(Thu) 10:33 | URL  | ハルインフィジー #-[ 編集]
to  HALさん
『王国』の自負がありますから屈辱感も相当でしょう!
リーグで敗退したイングランドのほうがまだ諦められるかも?
2014/07/10(Thu) 15:13 | URL  | ジーン #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。