名古屋市名東区猪高台2-601 『東名テニスクラブ』(いだかテニス内 D・Eコート)
QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇ またPK戦
2014年07月10日 (木) | 編集 |
今日も朝からサッカー観戦。
昨日のブラジル大量失点が、頭に残りながらもアルゼンチン、オランダ両国とも手堅いスタートで始まって…。

ずっ~と最後まで手堅く(!)お互いに堅い守備を崩せず延長戦を経て、結局はPK戦となりました。
スコアレスドローながら息を詰めて見入るような戦いでした。

アルゼンチンはこの大会で一番の出来だったと思います。
この期に及んでは、何と言われようとがっちり守ってメッシの一振りにかければいいんだ!!と開き直った感じです。

そういう意味でこの試合はアルゼンチンのゲームでしたね。
またPK戦用にカードを1枚残すかと思われたオランダは3枚とも交代カードを使いきりPK戦も同じキーパーで勝負。

前回のオランダのPKキーパー、クルルのほうが明らかにPK阻止は上手い!
ゲームの流れの中のキーパーとPKとではこんなにも違う能力なのかと改めて認識しました。

オランダのキーパー、シレッセンはゲームの中ではよくやっていたのに、PKで一人も止められず、彼のせいで負けたような言われ方でちょっとかわいそうです。
しかしPKキーパー、クルルだったら、きっとアルゼンチンと同じくらい止めてたんじゃないか、と思ってしまうのも確かです。

オランダの勝利と思っていたので、ここで私の予想は外れてしまいました。
次はドイツvsアルゼンチンの決勝戦。

アルゼンチンに勝って欲しいけど、予想はドイツ優勝で!
台風接近と言われる中、朝はテニスに行ってきました。
すると会員さんの弟さんがビジターで来られていて、いろいろコーチしてもらいました。

学生時代から活躍されていた方で、アドバイスも的確で、台風の中(実際には雨風もほとんど無し)出かけた数人はラッキーでした。
そして驚愕の事実が!

私はスライスサーブをしていたつもりでしたが、なんとスピンサーブをしていたのでした。
以前、スライスだと言われたことがあり他の人と違う気もするけどスライスなんだろう思っていたのです(我ながらいい加減)。

セカンドはファーストをちょっと緩めて入れにいくという情けないサーブだったのですが、ファーストと同じ力でもっと回転をかけて打つようにアドバイスされました。
『どうしたらたくさん回転が掛かりますか』

『さらに薄く握って打って下さい』
『えー、もっと薄く?そんなことで入るかな? …バシッ あ、入った』

『もっとネットの上を狙って大丈夫、それだけ回転をかけたら絶対入ります』
『えー、じゃあもっと打ち上げる感じですか?…バシッ おお入った。これってなんだかスピンサーブみたいですね』

『スピンですよ。ジーンさんのファーストもスピンサーブですよ』
ええ~~!!私ってスピンサーブだったんだ、道理でよく跳ねると思ってた…。

試合の中でセカンドを6、7分の力で打つのは難しいので、ファーストもセカンドも同じような力でしっかり打ったほうがいい…とはよく聞きますが、でもセカンドも同じようにしっかり打つ、というのも勇気がいる気がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセス解析 フリー検索 登録検索 上位SEO方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。